秋のシャンプーのやり方

秋のシャンプーのやり方

秋のシャンプーのやり方

秋に行うヘアケアとしては夏に受けた熱変性によるダメージなどを補修してあげるという事も大事になります。紫外線や赤外線によって受けた髪の毛のダメージは夏を過ぎても改善されることはありません。髪の毛の内部から傷んでいる状態ですので、正しいシャンプーを行いトリートメントで必要な成分を補ってあげて髪の毛はなんとか回復してくれます。まずシャンプーをするときには頭皮の汚れをしっかりと落としてあげます。シャンプーで髪の毛を洗っても意味はありません。頭皮に付いている過酸化脂質や大気中のゴミやチリが毛根を塞いでしまい健康的な髪の毛の成長を邪魔している状態なので、頭皮の汚れをしっかりと落としてあげましょう。シャンプーはすすぎの時に洗い残してしまうと皮脂汚れが落ちていても意味がなくなります。シャンプーの残りカスが過酸化脂質と同様に毛根を塞いでしまうからです。シャンプーした後はすすぎでしっかりとシャンプー汚れを落としてあげてください。その後にトリートメントを行います。トリートメントは頭皮に付けても意味はありませんので髪の毛にしっかりと付けてあげるようにして下さい。髪の毛から失われた栄養や水分を補っていけばツヤとハリのある髪の毛に戻ってくれます。最後は髪の毛の内部から水分が無くならないようにドライヤーでしっかりと乾かしてあげましょう。キューティクルを閉じることで髪の毛の乾燥は防ぐことができ綺麗な髪の毛を手に入れることができます。横須賀 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ