朝の洗顔は肌のタイプに合わせて行うこと

朝の洗顔は肌のタイプに合わせて行うこと

朝の洗顔は肌のタイプに合わせて行うこと

朝の洗顔が難しいところは肌のタイプにとっては洗い方が変わってくるということでしょうか。夜の洗顔は乾燥肌の人でも汚れは落とさないといけません。顔に付く汚れは皮脂ばかりではありませんので洗顔料を使って丁寧に洗ってあげる必要もあります。メイクをしている人は特にクレンジングを行いますので、クレンジングの洗い残しを作らないためには丁寧な洗顔が必要になります。しかし朝の洗顔では空気中のホコリ等が肌に付くことはありますが、メイクはしないので汚れの中心が皮脂になります。皮脂の分泌量は年齢によって変わりますし、肌質の違いによっても皮脂の多いタイプと少ないタイプに分かれてしまいます。さらに混合肌となると顔の部位によっては皮脂が極端に多くなったり少なくなったりするのでケアするのが大変になります。皮脂が多いのは脂性肌タイプの人です。普通肌の人でも皮脂が分泌されていて、その皮脂が変性皮脂になると通常の洗顔では綺麗に落ちてくれなくなります。そのためできれば洗顔料を使って丁寧に汚れを落としてあげたほうがいいでしょう。乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少なく、そんな状態で洗顔料を使ってしまうと残しておかないと行けない皮脂まで洗ってしまう可能性があります。失われていく皮脂の方が大事になりますので洗顔の時には洗顔料は使わない方がいいでしょう。混合肌の人は皮脂の分泌が多くなるパーツを見極めて洗顔をしていくようにしたほうがいいので肌の状態を見て洗顔料を使ってみてください。朝の洗顔はぬるま湯だけでも十分とよく言われています。皮脂は32度程度のお湯に溶けるので、32度位のお湯で洗うことで余分な皮脂汚れを落とすことができると言われています。洗顔料を使うとかえって皮脂を洗い過ぎてしまい、それが肌の乾燥を招くなんて言われいていることからぬるま湯だけの洗顔で済ませているという人も増えてきています。では実際にぬるま湯だけの洗顔で十分と入れるのでしょうか。皮脂の成分はトリグリセライド、ワックスエステル、スクワレンが含まれていて、その中のトリグリセライドは6割を占めています。トリグリセライドの一部は肌の常在菌と反応することで変性皮脂へと変化してしまいます。この変性皮脂は肌に様々なトラブルを起こすことが知られていて、しかも水だけの洗顔ではほとんど落とすことができません。変性皮脂の働きで肌の保湿力や角質のバリア機能は破壊されてしまい、肌は非常に脆い状態になってしまいます。変性皮脂は特に寝ている間に作られますので、そのまま放置しておいて対策を立てずに放っておくと肌を弱めてしまう原因となってしまうのです。水では簡単に落とせない変性皮脂を落とすためには洗顔ファームを使って落とすしかありません。洗顔フォームを使って変性皮脂を落としてあげれば肌の調子はよくなりますし、メイクをするときにもやりやすくなります。朝の洗顔で洗顔フォームなんて使いたくないと思う人もいるかもしれませんが、変性皮脂を落とすためには必要になることをおぼえておいてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ