どういう業界が第一志望なのか

どういう業界が第一志望なのか

どういう業界が第一志望なのか

美容室で就活の為のスタイルをお願いする時には、差支えなければどの様な業界を希望しているのか、という事をはっきりと美容師に伝える方が良いと思われます。これだけ男性でもヘアスタイルが多様化してきていると、その業界のイメージと言うのも出てきます。たとえば銀行マンをアパレル業界では、なんとなくイメージが違いますよね。当然社員がどんなスタイルをしているか、というのも大体決まってきています。同じ銀行マンでも事務職と営業とでは気を使う所も違っているかもしれません。ですから自分がどういう業界を目指しているのか、という事は、どんなヘアスタイルを選ぶべきか、という事と関係してくると思われます。色々な会社を受ける予定だから決める事が出来ない、という人もいるかもしれませんが、自分がその段階で一番行きたいと思っている業種のスタイルをしておけばよいのではないでしょうか。ヘアスタイルの良し悪しが必要なのは、ようするに証明写真や面接で、自分がどれだけこの会社に入りたいと思っているか、をアピールする一つの要素になると思うんですね。顔写真を見た段階で「なんだかこの子、うちの会社のイメージとは違うな」と思われてしまったら、その時点で終わってしまう、という可能性もあるかもしれません。就活を始める学生たちにとっては、まずはヘアスタイルを何とかしなければ、と思うかもしれませんが、実際に学生たちを迎える採用担当者の人たちにとっては、ヘアスタイルばかりにこだわる必要もない、と思っている人もいるようです。つまりどんなにヘアスタイルをばっちり決めていたとしても、採用担当者はヘアスタイルを第一にみて評価するわけではありません。自分が採用担当者になった、と思って想像してみたらわかると思うのですが、面接でまずヘアスタイルをチェックするような事はしませんよね。おそらく全体的にその人を見て、その印象をチェックするはずです。ですからヘアスタイルばかりに気を取られて、他の服装とか、顔色とか、立ち振る舞いに関しての意識が薄くなっていては、どんなヘアスタイルも効果を発揮しないでしょう。あくまでもヘアスタイルは自分をアピールする一つのパーツであって、それが第一ではないんですね。ヘアスタイルをその会社のイメージに合わせてきたから大丈夫!と言いう事ではないんですね。逆に言えば自分をアピールできる要素をすべてそろえておいて、それにふさわしいヘアスタイルを最終的に決めたらよい訳です。たとえば自分のアピールポイントが、ガッツのある性格とか体力に自信がある、という所であれば、スポーツがりに近い短髪を選ぶとよいですよね。小倉 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ