肌の洗いすぎはクレンジングと洗顔の時に注意

肌の洗いすぎはクレンジングと洗顔の時に注意

肌の洗いすぎはクレンジングと洗顔の時に注意

肌を綺麗にするためには洗うことが大事と思ってしまっている人はいないでしょうか。スキンケアの中でもクレンジングや洗顔に力を入れすぎてしまい、肌を傷めてしまっている人は沢山います。肌を綺麗にすること=洗うことではありません。肌を綺麗にしたいなら適度な洗い方という物を理解してみましょう。クレンジングや洗顔による洗いすぎがいけない理由は、洗いすぎによって肌を守ってくれている皮脂や角質が傷んでしまうからです。皮脂や角質は肌の乾燥を防いでくれているので、もしもクレンジングや洗顔で皮脂や角質が落とされてしまったら肌を乾燥から防いでくれるものがなくなります。クレンジングは特に洗いすぎになってしまう傾向にあるので注意してみてください。クレンジングを行うときには洗浄力の弱い物を選ぶようにします。そしてメイクを落とすときには時間をかけずに洗い落とすようにします。もしもメイクが濃くてクレンジングに時間がかかってしまいそうなときには洗浄力の高い物でやはり時間をかけずにメイクを落としていきます。時間をかけてしまうとそれだけ肌にクレンジング剤の影響が出てしまうことになりますので出来るだけ素早く落としていくようにしましょう。洗顔も同じです。時間をかけて汚れを落としていくことは皮脂や角質を傷めてしまうので、素早く洗い流していくことを心がけましょう。スキンケアでは洗いすぎてしまわないように注意をしてケアしていくことが大事になりますよ。肌の若さを保つ上で特に重要となることがターンオーバーです。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、新しく作られた細胞は表面に押し出されていき、一番外側の角質細胞として肌を守る役割を果たします。新しく細胞が作られるのは基底層です。そこから約14日かけて角質層に向かって行くわけですが、角質層に届き角質細胞となった時には細胞が死んでいる状態になります。そしてさらに14日程肌を守ったら自然と垢となって剥がれていき、また新しい角質細胞が肌を守るという流れになります。ターンオーバーンサイクルは約28日で、この周期が守られていると肌の状態は健康的で最も綺麗な状態を保てているといってもいいでしょう。しかし生活が乱れていくとターンオーバーのサイクルも乱れていくようになります。サイクルが早くなると角質細胞は未熟な状態となり、肌を守る機能がありませんので刺激に対して弱くなります。サイクルが遅くなると古い角質細胞が剥がれなくなり厚みを増していき、肌の老化減少を起こしてしまいます。サイクルが早くなっても遅くなっても肌には悪影響が出てしまいます。ターンオーバーが乱れてしまう原因はストレスや間違ったスキンケア、睡眠不足、血行不良、紫外線の影響もあります。改善するためには生活習慣を正し、睡眠時間をしっかりと取るということが大事になります。肌の若さを維持するためにもターンオーバーの機能は正常に維持出来るように生活をしていきましょう。調布 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ