平熱が低く寒い季節になるとニキビに悩まされる

平熱が低く寒い季節になるとニキビに悩まされる

平熱が低く寒い季節になるとニキビに悩まされる

体の平熱と言うのはとても重要です。普段から自分の体温を気にしたことがある人は少ないかもしれませんが、たまには測ってみてください。平熱の平均は36.5度と言われています。しかしこの平熱に比べて低い人が増えてきています。特に女性の場合平熱が低くなりがちで35度台の人も増えてきています。平熱が低いと美容トラブルが起きやすくなり、実際に悩みを抱えている人は平熱の低さが原因と言うケースが非常に多くなっています。体温は1度下がれば免疫力が30%も低下すると言われています。この状態では代謝が悪くなりますし、体の中には毒素が溜まりやすくなりその結果肌トラブルに悩まされてしまうことが多くなります。肌の新陳代謝が悪くなるのでターンオーバーのサイクルは乱れやすくなり新しい肌が作られずに古い角質が肌表面を覆ってしまうことになります。古い角質が厚くなっていくと肌のくすみやニキビが増えてきて、ケアしてもケアしても肌トラブルが解決しない状態になってしまいます。特に冬のように寒い季節は肌の表面温度が低くなることでニキビに悩まされやすくなります。冷えは肌トラブルを増やしてしまうので体の平熱を上げて代謝を良くして、肌トラブルに悩まされなくてもいい状態にしてあげないといけません。冬のように寒い季節は自然と代謝が良くなって体温が上がるようになりますが、代謝の落ちている人は体温が上がりません。代謝を良くするために運動をして汗をかき代謝が上がっていくようにしてみてください。足を毎日きれいに洗っているにもかかわらず臭いの問題が中々解決しないと考えている女性も多いかもしれません。そんなときには本当に足をしっかりと洗えているのかを考えなおしてみるといいでしょう。足の臭いの原因となるのは角質汚れです。汗をかき角質が溶け出してくると靴などに繁殖した細菌が角質を分解、それによって足の臭いを生み出してしまいます。足は角質が多い部分なので完全に取り除くということは難しいですが、それでも角質汚れを落とすことができれば足の臭いを少しだけ改善することができます。まずは足の汚れをきれいに洗い流すようにしてみましょう。ピーリングによって角質の汚れを落とすことができますので、ピーリング剤を購入して試しに使ってみてください。また細菌の好む餌は足の表面にばかりいるわけではありません。見落としがちなのが足の爪です。指と指の間も洗わないといけませんが、爪の隙間にたまってしまった汚れは細菌の餌になります。爪を切り常に清潔な状態を保てるようにしておくと細菌の繁殖を防いで足の臭いケアを行うことができるようになります。古い角質汚れがたまりやすい場所になりますので爪の隙間には注意をしてみてください。足の汚れに関しては体の肌や顔に比べてどうしてもおろそかになりがちな場所です。毎日入浴した時には意識をして足の隅々までをきれいに洗っていくことを心がけていくと足の臭いも気にならない生活を送れるようになりますよ。仙川 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ