インナードライは素早いスキンケアが大事

インナードライは素早いスキンケアが大事

インナードライは素早いスキンケアが大事

夏特有の乾燥肌とも言えるインナードライはスキンケアを行うときに注意が必要になります。インナードライは皮脂の多さから脂性肌と勘違いしてしまいがちですが、実際は乾燥肌です。スキンケアをするときには乾燥肌を改善するために保水と保湿を行いますが、保水と保湿には特に力を入れて行くようにしましょう。スキンケアでクレンジング、洗顔と行なった肌は肌を守る皮脂膜がなくなり肌から水分が蒸発している状態になります。インナードライも乾燥肌のため、洗顔で剥き出し状態の肌を長時間放置しておくと乾燥肌は更に進行してしまうことになります。洗顔をして皮脂が洗い流された状態になったら時間をかけずに化粧水、美容液、保湿クリームとスキンケアを行なっていくようにしましょう。時間をかけてしまうとその分だけ肌は乾燥していくことになります。特に入浴後の肌は乾燥スピードがとても早く、15分もすれば入浴前の肌以上に乾燥した状態になってしまいます。乾燥肌を招いてしまう多くの理由が入浴後のスキンケアに問題があるケースが多い為、お風呂から上がったらすぐに肌を守ってあげるようにケアしてあげてください。スキンケアをするときには、洗顔後1分以内に化粧水を使うようにこころがけておくといいでしょう。化粧水はアルコールの含まれていないものを使ってください。アルコールが含まれているとかえって乾燥を招くことになります。インナードライに悩まされている人はスキンケアを見直してみてください。夏でも肌は乾燥します。汗をかき皮脂の量が多くなる夏は表面上は潤っているように感じても肌の内部からは水分が失われている可能性もあります。皮脂が多いにもかかわらず乾燥してしまうのはどうしてなのでしょうか。夏は皮脂が多いため乾燥しにくい季節なのですが、皮脂が多いとそれを洗い流そうとしてしまいがちです。汗をかけばこまめに拭き取り、洗顔をするときには洗顔料を多めに使って洗うという行動で皮脂は足りなくなっていきます。皮脂が足りなくなれば当然肌は乾燥していくことになるため乾燥肌になってしまうというわけです。夏は皮脂が多いといってもそれ以上に皮脂が足りなくなってしまう行動を自然ととってしまう季節なのです。ではどのように対策を行なっていくと良いのでしょうか。まずは皮脂を洗い過ぎてしまう生活習慣を改善していくようにしましょう。汗をかきやすい人はこまめに拭き取るようにしていると思いますが、その時に肌をこすらないようにします。水分だけをタオルに吸収させるようにしていきましょう。濡れタオルを使うと肌の温度を下げることが出来るため汗と皮脂を抑えることができます。肌の水分は食習慣の影響も受けています。タンパク質を中心にミネラル、ビタミンをバランスよく摂取していきましょう。スキンケアでは皮脂対策ではなく乾燥対策を中心に行います。保水と保湿に力を入れて、美容液も乾燥対策を中心に選んでみるといいでしょう。少しの習慣を見直すだけでもインナードライは改善することができますよ。門前仲町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ