傷んだ髪の毛は切り落としていこう

傷んだ髪の毛は切り落としていこう

傷んだ髪の毛は切り落としていこう

女性にとって髪の毛は美しさの象徴でもあります。肌の美容について気を使っていても髪の毛が傷んでいては綺麗には見えません。髪の毛を綺麗な状態に保つための基本として、伸びた髪の毛はこまめに切っていくということがあります。髪の毛は先端に行くほど傷みやすくなります。その理由は乾燥することで水分が失われていくからです。髪の毛は死んだ細胞の集まりですので、髪の毛自体に修復機能はありません。水分が失われた髪の毛に新しく水分を与えてあげても傷んでしまった髪の毛自体は元通りになりません。トリートメントで水分や栄養を補ってあげると髪の毛が修復出来ると考えている人もいますが、髪の毛自体に修復するための機能はありませんので、傷んでしまった髪の毛を元通りに戻すことは無理なのです。そして傷んだ髪の毛はそのままにしておくと傷んでいない部分にまで傷みが広がっていきます。乾燥して先端が裂けた髪の毛をそのままにしておく事は髪の毛全体の傷みにつながってしまうわけです。だから傷んでしまった髪の毛を見つけたらすぐに切り落としていく事が大切です。こまめに切っていく事で髪の毛の傷みは広がらず綺麗な状態を保ちやすくなります。特にロングヘアの人は髪の毛が傷みやすいため毎日のチェックを欠かさないようにすることが大切です。一度伸ばした髪の毛を切ってしまうのは気が引けるといった人もいますが、そのままにしておくことは髪の毛の美容によくありません。放置する事なく切り落としてしまいましょう。髪の毛の伸びが悪いと感じた時にはドライヤーの使いすぎに注意をした方がいいかもしれません。髪の毛は濡れたままにしておく事は頭皮の乾燥や汚れにつながってよくありません。そのため入浴で頭を新た時にはドライヤーを使って乾かす必要があります。それが常識となっていて、毎日ドライヤーを使っているといった人は多いと思いますが、ドライヤーを使うことで髪の毛が成長しにくくなる可能性もあります。ドライヤーを使うときに注意しないといけないことは頭皮の乾燥です。ドライヤーを使うときにはまず頭皮を乾燥させる必要があるため、頭皮を然りと乾燥させようとする人もいますが、ドライヤーを当てすぎてしまうと頭皮の乾燥は進行し髪の毛の成長にとって悪影響を与えてしまうことになります。乾燥させることを意識しすぎてドライヤーを使いすぎてしまうと髪の毛が伸びにくくなることは覚えておいたほうがいでしょう。毎日髪の毛を洗っているといった人は洗い過ぎの可能性があるため2日に一度位のペースでも大丈夫かも知れません。ドライヤーを使うときには時間をかけて乾燥させるのではなく手早く終わらせてしまうことです。髪の毛は8割程度乾いていれば問題ありません。その後は自然乾燥に任せると髪の毛にとってちょうどいい水分になるのでドライヤーで完全に乾かしてしまうことのないように注意してください。髪の毛のに美が悪いといった時にはドライヤーの使いすぎについても注意してみるといいですよ。八潮 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ