自分で自分の体臭をチェックする方法について

自分で自分の体臭をチェックする方法について

自分で自分の体臭をチェックする方法について

社会人として生活をしていく中でどうしても気になってしまうことに自分の体臭があります。でも自分の体臭は自分で感じることが出来ないため、自分が周りにどんなふうに感じられているのかを実感することが難しいというのが問題です。自分の体臭をチェックする方法って無いんでしょうか。周りの人に体臭を嗅いでもらい率直に意見を求めるなんて方法が代表的ですが、それでは本当はどんな体臭をしているのか自分で感じることができません。体臭を感じる方法としてはいくつ方法があります。まずは自分の着ていた衣服の臭いです。まずはお風呂に入り体を洗います。体を洗った後は体臭も消えていますので、鼻も体臭をリセットした状態になります。その時に今まで着ていた衣服の臭いをチェックするのです。そうするとリセットされた鼻が衣服に染み付いた体臭を感じることができるので自分の体臭を判別することができます。後は脇汗の臭いを嗅いでみるなんて方法もよくやる人が多いようです。脇の臭いは特に気になる人も多いため直接嗅ぐことでどんな体臭になっているかを確かめられるようです。脇の汗をタオルで拭いてから臭いを嗅いで体臭をチェックしてみてください。一番体臭が染み付くのは体に接していることの多い下着です。下着をビニール袋の中に入れておきしばらくしてから臭いを嗅いでみると体臭のチェックをすることができます。幾つか自分の体臭をチェックする方法を挙げてみましたが、体臭はあまり気にし過ぎないようにしたほうが臭いを抑えることに繋がりますよ。お酒をよく飲むという人は特有の体臭を持っています。アルコールを飲んでいる間だけお酒臭いのではなく、お酒が体内に入っていない時でもお酒臭くなってしまいます。体臭を気にしているという人はお酒を飲む量を減らすことで体臭の悩みを改善出来るかもしれません。お酒に含まれているアルコールは体内に入ると、まず肝臓の働きで無害な物に変化させられます。アルコールはアセトアルデヒド、酢酸、と変化して二酸化炭素と水という無害な状態になってから体の外に排出されることになります。この過程の中でアセトアルデヒドというのは強い毒性も持っていて、肝臓の働きが鈍って分解が思うように進まない状況になると二日酔いや中毒症状を引き起こしてしまう可能性もあります。このアセトアルデヒドは特有の臭いを持っているため、この臭いが血液に乗って体全体に周り、毛穴から臭いとして発せられるようになると体臭になります。お酒臭い体臭というのはアセトアルデヒドの影響を受けていて、簡単には抜けてくれなくなります。毛穴の多い場所ほど臭いがきつくなるため特に注意しないといけない場所が頭皮になります。頭皮は毛穴が多い場所なのでアルコール臭さが特に際立つ場所になってしまうのです。もしも頭皮の臭いが気になるようならお酒の飲みすぎではないでしょうか。お酒の飲む量を減らす、もしくはアルコールの摂取をやめるというだけでも頭皮の臭いや体臭が気にならなくなるかもしれませんよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ