乾燥肌のための水分補給について

乾燥肌のための水分補給について

乾燥肌のための水分補給について

乾燥肌は肌から水分がなくなっている状態です。そのためスキンケアで外から水分を補ってあげようとする人も多いかもしれませんが、それだけでは乾燥肌対策にはなりません。スキンケアで保水出来るのは角質層までなので、その下の肌に水分を与えてあげることはできません。潤いを失った肌に水分を補給するなら体の内部からが重要になります。そのため毎日必要な分の水分を補給していく必要があるのです。人間の1日に必要とする水分は約2リットルですので、2リットルを目安に水分を補給していくようにしてください。冬のように汗をかかない季節は体が水分を欲しがっていないように感じてしまいますが、実際には水分がなくなっていっている状態なので特に意識して水分を補給していく必要があります。乾燥しやすい季節には水分をしっかりと補給していくようにしてください。ただ水分補給といっても間違った補給の仕方をしてしまうと意味がありません。たとえばコーヒーでの水分補給は効果が薄いと言われています。ミネラルの吸収が阻害されてしまうことがいけない理由と言われています。アルコールでの水分補給はまったく意味がありません。アルコールは飲んでも出て行くだけで吸収されませんし、寧ろ脱水症状を起こしてしまうのでアルコールを水分感覚で飲むのはやめましょう。お茶も水分の補給法としてはお勧めできません。利尿作用のある飲み物は水分吸収を妨げますので、できれば水を補給するようにしてください。肌には水分が必要になります。水分が必要だから化粧水を使って潤いを与えるなんてスキンケアでは言われていますが、化粧水で潤いを与えても大した効果は得られません。それ以上に大事なことが水分の補給なのです。水分を毎日必要以上に補給している人の肌は乾燥しにくく、カサつくこともありません。乾燥肌に悩まされている人の多くは水分補給が満足にできていないために、肌にうるおいが無くなってしまっている状態です。自分では水分を補給しているつもりでも、ちゃんと水分が取れていないということはよくあります。たとえば、ジュースをよく飲む人は水分が摂れているように感じますが、純粋な水分がどれくらい体に吸収されているのかというと疑問です。水に何かが混じっている状態では体に吸収される水分の量も少なくなってきてしまいます。そのため水分の補給はちゃんとした水で行うということが基本になります。水分を摂り過ぎると体がむくんでしまうのではと考えている女性もいるかもしれませんが、体がむくむ理由は水分のとりすぎではなく水分不足の時です。水分の摂り過ぎで体がむくむということは滅多にありません。体がむくんでしまう人は普段から水分が不足しているからという可能性が高いのです。毎日必要な水分はおよそ2リットル。食事で取る水分もあるので1.2リットルは純粋に水を飲む必要があります。自分の生活の中で水分補給が満足に行えていないとう人は意識して水を飲むようにすると乾燥の悩みも解決しますよ。関内 ネイルサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ