毛先を傷めてしまう行動について

毛先を傷めてしまう行動について

毛先を傷めてしまう行動について

髪の毛の中で特に傷みがひどくなりやすい場所として毛先があります。毛先の傷みに悩んでいる人は、毛先を傷めてしまうようなことをしてしまっていることがいけないので原因となる行動を見なおしてみると良いでしょう。毛先を痛めやすい行動としてはタオルでの拭き方に問題があるケースです。お風呂で髪の毛を洗い、その後髪の毛をタオルで拭きますが、その時に擦って拭いてしまっていると毛先が傷みやすくなります。濡れた髪の毛はとても刺激に弱く、少しでも力が加わると傷んでしまいます。こすって拭くのではなくタオルに吸収させるようにしましょう。次はドライヤーで乾かす時です。毛先は髪の毛の中で最も最初に作られた場所で時間が経つとそれだけ乾燥しやすくなります。髪の毛は熱に弱いのでドライヤーの熱で簡単に傷んでしまうことになります。元々水分が失われている髪の毛にドライヤーを使ってしまうと余計に髪の毛が傷み枝毛や切れ毛と言った状態になってしまうので注意が必要です。そして最後に気をつけるポイントはブラッシングになります。髪の毛は静電気に非常に弱く、ブラッシングの種類によっては静電気が発生して髪の毛が傷みます。また絡まっている髪の毛を無理して梳かすと髪の毛だけでなく頭皮にもダメージがいってしまいますので気をつけないといけません。これら3つの行動が毛先を傷めてしまう主な原因になります。普段の髪の毛の扱いについて少しだけ見なおしてみると毛先も傷みにくくなりますよ。体の中肉割れが起きてしまったという人は肉割れを改善する方法を試してみてください。肉割れの原因は脂肪がついたことで皮膚が傷ついてしまったことが原因だったり、運動によって筋肉への負担が大きくなりそれで肉割れが出来てしまうことが原因だったります。とにかく皮膚が裂けてしまうことで内部に傷がつき見た目に悪い肉割れが起きてしまうことになります。白っぽくなり目立たない肉割れから、裂けた場所が少し赤身を帯びたような肉割れもあり、目立ちやすい物まで様々です。本来は脂肪の付きやすい場所や筋肉の負担がかかる場所に出来る肉割れですが、それだけではありません。血液の流れが悪くなっている時にも肉割れが出来てしまう可能性もあります。年齢を重ねえて老化をしていくと特に血液の流れが悪くなった肉割れが起きやすくなります。血液の流れが悪くなるのは生活習慣の乱れ、睡眠不足、栄養バランスの乱れが考えられますので、自分の生活の中で当てはまる物が無いか確かめてみてください。血行は悪くなってもすぐに改善することができます。マッサージや入浴で体を温めてあげるだけでも血行がよくなり肉割れ対策になります。露出の多い格好で歩いていると露出部分が冷えてしまい血行が悪くなり肉割れが起きるということもあります。おしゃれのためとはいえ、肉割れが起きないように生活を考えていくなら体は冷やさないようにしていくことが肝心になります。血行の改善して肉割れを防げるようにしてください。江古田 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ