これまで何を経験して来たのか

これまで何を経験して来たのか

これまで何を経験して来たのか

中途採用の場合には、美容室側が一番期待している事は「これまでどの様な仕事ぶりだった人なのか」と言う事だと思うんですね。ここが新卒の採用とはまるで違う所なんですね。もしもその美容室が経験者だけを募集している場合は、ほかの応募者たちと差が付くとしたら、確実にこの部分だと思うんですね。志望動機は、最悪他の人と同じような事しか書くことが出来ないかもしれませんが、これまでの経験が他の人と全く同じ、という事はあり得ません。ですからここで自分をアピールする事が最も大切だと言えるでしょう。ここで「お客様を大切にして丁寧な仕事を心がけてきた」というような抽象的な事を書いても、何の印象にも残りません。例えば自分の一番得意とする施術は何か、という事をアピールする事も大切でしょう。そしてその施術で具体的にどのようにお客さんに喜んでもらっていたか、というエピソードを添えるとより現実味があるので、読む方は惹きつけられます。そのように履歴書と言うのは、人の印象に残る言葉が書かれている方が良いんですね。「面白い美容師だな」「これまでにないタイプだな」という風に少しでも引っかかってもらえるポイントを作ることが採用となる確率を上げるのではないでしょうか。例え大袈裟な感じでも良いので自己アピールはしっかりとしたいものです。美容師とお客さん関係というのは、そのお客さんの性格にもよるのですが、あまりにも「素人とプロ」となるのも良くありませんし、だからといってまったく同等の立場であるのも考え物です。なんでもお客さんの言いなりになる事は、決してお客さんの事を考えてあげている、とは言えませんよね。プロなのですから、プロとしてできるだけのアドバイスをする事が必要になる訳ですが、その時には決して押しつけがましい言い方をしない方が良いですね。パーマをかけた方が良い、絶対に似合う、というような言い回しは、お客さんを威圧する事になりかねません。そしてお客さんは心のどこかで「この人はきっとカットだけ、といった私の事をバカにしているんだ」とか「単価の安いメニューをオーダーしたから気に入らないんだ」と言う風に勘ぐってしまう事もあるでしょう。あくまでもお客さんが「今日はこうしたい」といった範囲内で最善のスタイルを提案すべきでしょう。どんなに自分の提案に自信があったとしても、それが押しつけがましい、と感じられるような言葉を使ってしまうとせっかくの提案も台無しになります。そういうさじ加減の難しいところをうまく調整してお客さんとのやり取りができる美容師が、人気を得るのではないでしょうか。三軒茶屋 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ