マッサージ指名がしたい

マッサージ指名がしたい

マッサージ指名がしたい

基本的には美容室では、カットやパーマと言う本来のメニューをしてくれる美容師を指名する事ができますが、なかなかアシスタントまで指名する、という事はしていない美容室が多いように思います。ですがお客さんの希望としたら、もちろん自分のヘアスタイルを思うように仕上げて売れる美容師さんに担当してもらう事が一番の望みなのですが、せっかくならば他の事に関しても、自分が「一番上手だ」と思う人に担当してもらいたい、と思ってしまう物です。とくにシャンプーとかマッサージと言うのは、本当に美容師さんによって差があります。そしてシャンプーが上手な美容師さんがマッサージもとても上手か、というとそうとは限らない事も多いのです。ですから理想としたら、シャンプーはこのアシスタントさん、トリートメントやマッサージはこのアシスタントさん、というように、メニュー別にすべてのスタッフさんを指名できたらいいのに、と思ってしまいます。尤もその様な事をしていたら、美容室の方でもその人気に差が出てしまって、スケジュール調整をするのがとても大変になってしまうかもしれませんね。ですがせっかくお金を払って美容室に行くわけですし、上手い人が担当してもそうでもない人が担当しても料金が同じであるならば、多少のわがままは言いたくなるものですよね。新人美容師に担当を変わってもらっている間、その美容師を間近に見ていると、その新人美容師の成長がうれしく感じる時と、ちょっと生意気に感じる時があるように思います。あたかも自分が休んでいる先輩のポジションにとって代わってやったぞ!という感じのオーラを出してくる美容師もいます。そういう美容師だと、ちょっと鼻に着くというか、何様なの?と思ってしまう事も有ります。そういう時に確かに技術的にも成長していればそこまで嫌な感じはしませんが、態度ばかり大きくなって、少しも技術が追いついてきていない、という場合には、やはり前任の美容師さんと比べてしまいますから、単なる生意気な美容師としか思えなくなってしまいますよね。ですがやはり先輩美容師の事は尊敬しているのだ、あの先輩にはまだまだかなわないのだ、という謙虚な姿勢が見える美容師であるならば、その美容師の成長ぶりを見守るのは、とても楽しみにもなってるものでしょう。もしもそのままその美容師が成長していくならば、例え前任の美容師が仕事に復帰したとしても、引き続きこの美容師に担当してもらうのもいいかな、と思えるぐらいになるかもしれません。本当はそうなる事こそが、新人美容師たちの目標でもあるはずですよね。美容院 竹ノ塚駅 縮毛矯正 口コミ おすすめ メンズ クーポン


ホーム RSS購読 サイトマップ