まつ毛美容液の正しい使い方

まつ毛美容液の正しい使い方

まつ毛美容液の正しい使い方

最近ではエクステや付けまつ毛ではなく、自分自身のまつげをしっかりと育てようとする傾向が見られます。
そんなまつ毛育毛に欠かせないのがまつ毛美容液ですが、ただ塗るだけでよいのでしょうか。

 

まず、まつ毛美容液を塗る時は、アイメイクや皮脂汚れをしっかり落とした状態で使うのが望ましいので、朝夜の洗顔後に塗るのがおすすめです。
特に目元はマスカラやアイシャドウが残りやすい部分なので、きちんとクレンジングしましょう。

 

塗り方は、よくまつ毛のみに付ける方がいらっしゃいますが、より育毛効果を感じたいのであれば、まつ毛の根元、生え際に塗るのがよいです。
もちろん下まつ毛に塗ってもOKなので、まばらで少ないまつ毛もハリのある美まつ毛に変身します。

 

また、まつ毛美容液は沢山塗ればその分早く効果が現れるものでは無いので、毎日継続して塗り続けるという癖を付けましょう。
朝はマスカラなどの負担からまつ毛をガードし、夜は本格的にまつ毛育毛をしてくれます。

 

化粧品でアレルギー反応が出る方の場合はパッチテストをしてから使用するのが安心安全です。
二の腕の裏に塗り、1日反応を見て大丈夫なら使いましょう。
目元の皮膚はデリケートなので普段はアレルギーが出ない方でも腫れや痒みが出る事があります。

 

自分のまつ毛が長くボリュームがあればアイメイク時間も短縮できますし、見た目もナチュラルで美しいものとなります。
エクステや付けまつげも魅力的ですが、素顔のまつ毛がしっかりあるとすっぴんに自信が持てるのではないでしょうか。

 

朝せっかくメイクをしても夕方にはドロドロに崩れていると悲しいものです。そうならないためには朝のメイクやメイク直しを少し工夫をする事が肝心です。

 

まず、ファンデーションはできるだけ薄くするのを心がけましょう。
ファンデーションそのものが厚塗りだと少しの皮脂や汗で崩れやすくなってしまいます。全体にファンデーションを塗ったら、クマやニキビ跡なる気になる部分はコンシーラーでカバーすると全体に薄付きとなります。

 

保湿をしっかりとするのもメイク崩れを防ぎます。
化粧水で水分を補ったらきちんと乳液で閉じ込めましょう。乳液も塗り過ぎるとメイク崩れを起こしてしまいますが、全く塗らないのもいけません。
どうしても乳液がヌルヌルしてしまう方はハンドプレスをすると不快なヌルつきが抑えられます。

 

日中にメイク崩れが気になってくるとメイク直しをしますが、ここでもポイントがあります。
あぶらとり紙で脂をオフしてからという方も多いのですが、ここはティッシュペーパーで軽く押さえてからパウダーをはたくのがおすすめです。
脂を全て除去してしまうと逆にテカりが倍増してメイクが崩れやすくなるためです。
メイク直しの際はファンデーションを重ねるのではなく、パウダーの方が自然ですし、その後も崩れにくくなります。

 

乾燥しているな、と感じたら、ミストタイプの化粧水を吹きかけるのもよい方法です。保湿されるとその分崩れも抑えられますし、お肌の負担も軽減されます。
特にオフィスなど乾燥が気になる場所に1日中いる方はミストタイプの化粧水を携帯しましょう。

 

美容院 新小岩 中途 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ