水太りの正体について

水太りの正体について

水太りの正体について

水はカロリーがゼロですのでどんなに飲んでも太るということはありません。しかし水太りと言う言葉があるように、実際には水でも太るのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。水太りの正体について考えてみましょう。水は実際にカロリーはゼロでどんなに飲んでも太るということはありません。水太りがおきてしまう理由は水の摂り過ぎで体がむくんでしまうことが原因です。体内に入り込んだ水分は必要な分は体に吸収されて、必要のない分は尿として老廃物を一緒に体の外に流されていきます。本来尿として流される水分ですが、その水分が体の外に流されずに体内にとどまってしまう事があります。寝起きの時に顔を見てみるとむくみで膨れているという状態を体験したことがある人も多いかも知れません。これは本来尿として体の外に出るはずの水分が体にとどまってしまう事が原因だからです。寝ている間にも尿は溜まっていきますが、膀胱に溜めることのできる尿は大体200ミリリットル程度でそれ以上の水分は溜める事が出来ません。膀胱に溜める事の出来ない水分は細胞にためられて生き、それがむくみとして現れてくるわけです。水太りと言うのはむくみがひどい状態の事をいい、この水太りは何度か排尿を繰り返すことで解消されていきます。寝て起きた時に水太りを感じたならとにかく体の水分を体の外に出す事を考えていくようにしましょう。顔を見てむくみがひどいと感じたならまずは排尿で水分を洗い流してみてください。相模大野 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ