水クレンジングのメリットとデメリットについて

水クレンジングのメリットとデメリットについて

水クレンジングのメリットとデメリットについて

手軽で簡単、時間もかからないということで水クレンジングが人気です。水クレンジングとは水分が多く含まれていることから水クレンジングと呼ばれています。人気があるから自分も使ってみようと思うかもしれませんが、水クレンジングが向いている人と向いていない人がいるため、使うときには自分にあったクレンジング方法なのかを考えてみましょう。水クレンジングはコットンに含ませてメイクをふき取るようにして落とします。簡単にメイクを落とせるうえにその後の洗顔が必要ないためスキンケアの時間を大幅に短縮することができます。化粧品によっては化粧水の効果もあるためスキンケアの工程で洗顔と化粧水の時間を省くことができます。忙しい人にとっては理想的なクレンジングといえるかもしれません。普段からメイクが薄い人、時間をかけたくないといった人は使ってみるといいでしょう。リキッドタイプのクレンジングのため洗浄力は高く、肌の弱い人には向かないクレンジングです。油分ではなく界面活性剤でメイクを落とすことも肌の弱い人には向かない理由になります。コットンに含ませてふき取るやり方は力の入れすぎに注意が必要です。肌は摩擦に弱いため自分では対して力を入れていないつもりでも肌を傷つけてしまいメラニンの生成を促しシミが作られる要因となります。メイクを落とすときには力加減にも気を付けてください。水クレンジングを選ぶときには界面活性剤の種類と含まれている量に注目してみましょう。種類や量によっては肌に優しいタイプもあるため、自分の肌質にあったものを見分ける参考にしてみてください。人間の体は成人なら6割、乳児なら7割が水分でできているといわれています。成人からさらに年齢を重ねていくと水分の割合が減っていき、高齢者になると5割程度まで下がるといわれています。普段の生活の中で必要な分の水分を補給しているという人は意外と少なく、その結果肌の老化を招いてしまうこともあります。体全体に水分が必要なのに、十分な水分が摂れていなければ肌には当然水分が足りなくなります。蒸発しやすい部分のため肌の水分を十分に維持するためには必要な水分を補給する生活を送るようにするといいでしょう。人間の体には毎日1.5l程度の水分補給が必要といわれています。一日のうちで体の外に出ていく水分が2.5リットル程度、食事や体の中で発生する水分が約1lとなっているため水分の補給量と食事からの摂取量などを合わせて2.5lとなり、排出される量と釣り合うことになります。水分不足と肌の関係ですが、一番の影響は血行不良になります。血液の中性脂肪やコレステロールが高くなり、血液がドロドロと呼ばれる状態になります。血液の流れが悪くなると体には栄養が運ばれにくくなり、代謝も低下してしまいます。その影響は特に肌や髪の毛に出てくるため、美肌や美髪と美しさにこだわっている人にとっては大きなマイナスとなるのです。水分は必要な時に飲めばいいと考えている人も多いかもしれませんが、忙しい生活を送っていると水分の補給は後回しになり、1日の摂取目安には届かなくなります。水分の補給は意識して行うようにしていきましょう。ヘアサロン 江古田駅 カット カラー 口コミ オススメ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ