お風呂に入って美容に良い睡眠をとる

お風呂に入って美容に良い睡眠をとる

お風呂に入って美容に良い睡眠をとる

お風呂に入る事は美容にとってとても良いことです。特に睡眠を取るうえでお風呂に入るという事は欠かすことの出来ない事で、美容のために良い睡眠を取りたいと言う人はお風呂に入る事を心掛けてみましょう。朝風呂型の人も夜にお風呂に入ったほうが美容にとっていい効果が得られますよ。人間が快適な睡眠に入るためには体温の変化がとても重要です。体が冷えてくると人間は睡眠に入りたくなります。低くなる温度差が大きくなるほど睡眠に入りやすくなります。お風呂に入ったあとにしばらくゆっくりしていると自然と眠気が襲って来るのは体温の変化によるものなのです。お風呂に入るときには体温よりも少し高い温度のお風呂で体の内部をしっかりと温めてあげます。高い温度では体の表面を温める事は出来ますが、長風呂出来ないため芯まで温めるのには向きません。38度位のお風呂に20分程度入っていると血液の循環によって体の内部は温められて体の中がしっかりと温かくなります。特に42度以上のお風呂に入っていると言う人は神経が高ぶって睡眠の妨げになってしまう事を覚えておいてください。副交感神経を優位にしてリラックス状態にするためにも38度位のお風呂が理想的です。リラックス状態で睡眠を取ると代謝も良くなって睡眠による美容効果を存分に得ることが出来ます。美容のため、睡眠のためにもお風呂は夜、ぬるめのお風呂に入るという事を心掛けておくと若い肌を維持することができるようになります。能見台 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ