お風呂に入って得られるダイエット効果について

お風呂に入って得られるダイエット効果について

お風呂に入って得られるダイエット効果について

入浴はダイエット効果がありカロリーを消費する事が出来ます。ではその効果はどの位なのでしょうか。20分の入浴で平均的な女性の場合は50キロカロリー程度の消費になるようです。少ないように感じるかも知れませんが、毎日お風呂に入っていると1ヶ月で1500キロカロリー、半年も入り続ければ体重1キロ分減らす事が出来る消費カロリーになります。特別なことをしなくても体重を減らす事が出来る方法としては一番簡単なダイエットになるかもしれません。ではもっと長い時間入っていると効果は高くなるのかと言うとまた話は変わってきてしまいます。お風呂に入る時間が長くなるほど体の中の脂肪ではなく水分が失われていくようになります。お風呂に入った後に体重を測ると体重が減っているという事がありますが、これはダイエットが成功しているからではありません。体の中の水分が汗となって流れていった結果で脂肪が消費されたから減ったわけではありません。人間の体には常に一定の水分が必要となるため、入浴で失われた水分は必ず補給しないといけません。そして水分を補給すれば減った分の体重はまた元に戻ります。結局ダイエット効果はほとんどないと言うことになるわけです。お風呂に入る事でダイエットをするなら地道にカロリーを消費していくことを考えないといけません。一気にカロリーを消費出来る物ではありませんので入浴時間を増やすことよりも毎日必要な時間入浴をしていくということを心がけていくといいでしょう。ダイエットをする人の中では常識になりつつある炭水化物を減らしたダイエットですが、炭水化物制限をずっと続ける事は出来ません。炭水化物は三大栄養素と言われるように人間が生きていくためには欠かすことの出来ない栄養素です。人間の活動に必要となるエネルギーを生み出し、特に脳のエネルギーとなるのは炭水化物から作られる糖分だけです。頭を使う仕事をしている人は炭水化物を欠かす事は出来ないということになります。人間の活動に欠かすことの出来ない炭水化物を減らすということはそれなりのリスクもあります。炭水化物を制限したダイエットは結果がすぐに出やすく体重を減らしやすいのですが、リバウンドもしやすく、ダイエット前の身体にすぐ戻ってしまう可能性もあります。ダイエットを成功させた場合はその体型を維持していくことに意味があるため、炭水化物を減らしてダイエットをする人はリバウンドに気をつけるようにしないといけません。炭水化物を制限し続ける事は出来ないため、ダイエットを終えたら炭水化物の摂取も増やしていかないといけないわけですが、急激に増やすことはリバウンドに繋がるため少しずつ摂取量を多くしていくようにします。そして炭水化物ダイエットに変わるダイエット方法に移行していく事も大事です。炭水化物を制限して体重を減らしたら、炭水化物の摂取量を戻しつつ別のダイエット方法で痩せた体型を維持していくようにするとリバウンドを恐れずにダイエットが出来ますよ。八王子 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ