お金をケチる場所ではない

お金をケチる場所ではない

お金をケチる場所ではない

「美容室に行く」と言う行動自体「自分の髪の毛をキレイにしてもらう所に行く」と言う事ですから、そのための料金についてあれこれ考えるのは、なんとなく場違いな気持ちになってしまいますよね。美容室に行くお金をケチるって、きれいになりたいという気持ちがないんじゃないの?と思われるのはちょっと恥ずかしい、と考えてしまいがちです。そもそも美容室と言う場所自体がとてもお洒落な場所ですから、あの場所で「お金をケチる」と言う事はふさわしくないように思ってしまいます。これが激安スーパーに言っているのなら、他のお客さんの金銭感覚も似た様なものでしょう。一円でも安く買い物を済ませよう、と思ってもなんら恥ずかしい事は無いでしょう。ですが美容室においてパーマを勧められているのに、強情に「カットだけで」と言っているのはなんとなく恥ずかしい事のように思えてきます。ましてや「お金が無いので」なんて言えるような雰囲気ではない場合が殆どです。ですからちょっと強引な美容師さんに自分が思っている以上の施術を勧められてしまうと、ついつい断れなくなってしまう、というケースが多いんですよね。本当は「キレイになるためなら出費は厭わない」なんて思っている人の方がごく一部だと思うのですが、なんとなく他のお客さんは全員「お金なんて気にしない」と思っているのでは?と感じてしまいますよね。かつては過程にある美容家電と言えばドライヤーぐらいのものでした。しかもそのドライヤーも本来の「乾かす」と言う機能があるだけででした。ですがその美容家電もどんどんと進化し、パーマをかけてはいないけれども髪をカールさせたい、とか、クセ毛だけどもストレートにしたい、といった要望にも応える事が出来るヘアアイロンやドライヤーも多く販売されるようになってきました。またそれに伴ってスタイリング剤も多く販売されるようになり、素人が髪をスタイリングする時の最大の問題である、髪の毛を傷めてしまう、という事すらある程度は克服できるようになってきました。こういった家電やスタイリング剤が多く販売されるようになったのは、それなりにお客さんのニーズがあったからだと考えられます。自宅で自分の好きな時に、好きなようにスタイリングをする事が出来る、しかも美容室で仕上げてもらったのと変わらないぐらいの出来栄えだ、という事になれば、だれもが自分でスタイリングしてみたい、と思うようになるのは当然です。また実際にオシャレをするのが好きな人は、自分で髪の毛を触ったりスタイリングしたりするのが好きなものです。ちょとした美容師気取りで自分の髪をアレンジするのは、とくに若い女性なら誰でも興味があると思います。ヘアサロン 志木駅 美容院 パーマ 縮毛矯正 メンズ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ