洗顔で皮脂の汚れを落とす必要はない

洗顔で皮脂の汚れを落とす必要はない

洗顔で皮脂の汚れを落とす必要はない

人間の肌に作られる皮脂は様々な働きを持って肌を守ってくれていますが、その分皮脂の過剰分泌でニキビが出来てしまったり、毛穴の開きにつながってしまったりします。そのため皮脂汚れはしっかりと落として肌は洗顔で綺麗にしておく必要があると考える人も多いようです。本当に皮脂は洗顔によって落とさないといけないものなのでしょうか。皮脂は確かにニキビや毛穴つまりに繋がり肌トラブルを起こす原因となります。しかし洗顔で皮脂をしっかりと落とす必要はありません。洗顔をすることで落ちる分の皮脂は落としてしまってもいいですが、すべての皮脂汚れを落とすために洗顔を行うというのは間違いになります。皮脂って肌に残っても皮膚常在菌の餌となり勝手に消費されていきます。つまり洗顔をせずに皮脂が肌に残っていても全く問題ありません。ターンオーバーでは古くなった角質がはがれ落ちていきますが、その時にも必要のない皮脂は勝手になくなっていきます。肌に残った皮脂は肌に必要な物として残されていき、それが肌で悪さをするということはありません。皮脂というのはなんとなく悪いものと考えてしまいがちですが、肌には不可欠なものですし、自然の代謝で肌に悪さをするような皮脂は残りません。寧ろ洗顔による洗いすぎが皮脂によるトラブルを招いてしまう結果になってしまいますので要注意です。洗顔をするときには洗いすぎに気をつけること、洗い過ぎないようにすることを心がけていくといいでしょう。季節によりますが、肌はアレルギーの影響を強く受けます。季節の変わり目と言われている春や秋は特にアレルギーの影響を考えてスキンケアをする必要があります。外に出ることが多く、環境の影響を受けることになる昼間は特にアレルギー対策を行なっておかないと敏感肌になり、少しの刺激でも肌にトラブルが起きるようになってしまいます。春のアレルギー対策と言えば花粉です。秋も花粉は飛びますが、特に春の花粉に悩まされる人が多いことでしょう。花粉対策に関してはメイクで防ぐというのが一般的です。メイクをしている状態は油分で肌をコーティングしている状態に近いです。環境の中で飛び交うアレルギー物質はメイクに守られて肌には直接たどり着きません。そのため肌に対して与える影響も弱くなります。仕事のある日とか外出の多くなる日はメイクをして出かけることが重要になります。季節の変わり目にはできればスッピンで出歩くという事を避ける必要もあります。スッピンで過ごすことでメイクによる肌への負担を少しでも軽くしたいと考えている人は、完璧なメイクをするのでは無く肌に負担の掛からない程度のメイクをして過ごすという方法があります。とにかくスッピンの状態は肌が無防備になりますので季節の変わり目は危険です。朝の内にスキンケアを行うときにはアレルギー対策についても忘れてはいけません。敏感肌の人は特にアレルギー対策を忘れずに行なっていくようにしてください。三鷹 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ