失敗しないための準備

失敗しないための準備

失敗しないための準備

美容室にかける料金を抑える、という事はそもそも必要である美容室料金を出来るだけ安く抑える、という発想ですが、もともと絶対にやってはいけないのは、「美容室に無駄な料金を払う」と言う事だと思うんですね。無駄な料金、というのは自分が満足できないスタイルのために料金を支払う、という事になるのではないでしょうか。つまり「失敗をしない」と言う事だと思うんですね。美容室に関する失敗の内、一つは明らかに美容室側の失敗、というケースも有ります。このケースはきちんと訴えれば返金されたり、無料で治してもらう事が出来ると思います。ですが料金が戻ってこない、または直す事が出来ない失敗、というのはとても残念です。そもそも美容室で支払う金額と言うのは、決して安いものではないですから、満足できない仕上がり、というのは許せないですよね。美容師の技術は勿論ですが、自分のオーダーの仕方、担当者選び、などの点においてまずは「失敗しない」「自分の満足いく様にしてくれる」という準備をしておくべきでしょう。そのためには信頼できる美容師さんを探す事がまず第一ですが、そういう美容師さんに出会うまでには、何回かの失敗は致し方ないかもしれません。それでも事前に口コミや評判を調べておくなどの準備は出来るでしょう。新人美容師たちはベテラン美容師には無い細かい配慮をしてくれる時があります。些細な事ですが、切った後の髪の毛が服に着いたりすることもすぐに気が付いて払ってくれたりします。そういう時にはそれぐらいの事で平謝りする人もいます。確かに基本的にはそういう態度が正しいでしょう。ですがベテランの美容師たちになると、黙って払ってくれる、とかもはやまったくスルーする、という態度の美容師も少なくありません。それにくらべると新人美容師たちのお客さんに対する態度は、本当に細かいところまで目を配っているあ、という感じがします。雑誌を手渡す時でも数冊目の前においていくベテラン美容師に対して、「どちらがよろしいですか?」という声掛けをするのは新人美容師の方だと思います。そういう細かい声掛けというのは、ベテランになるにつれえ慣れてしまう事も有り、だんだんと省略してしまう先輩も多いですから、お客さんとしては細かい気遣いをされるのはなんとなく懐かしいような新鮮な様な気持ちで、悪い気はしませんよね。ある意味接客の基本ときちんと守っている、というその態度は微笑ましく感じるものです。またカットの最中でも、ひとつひとつそれで良いかどうか、という確認をするのも新人美容師の心がけだと思われます。東伏見 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ