大切にされている感じ

大切にされている感じ

大切にされている感じ

新人の美容師が働いている美容室では、その新人を取り巻く環境を言うのがなんとなく見て取れるケースがあります。先輩美容師たちがその新人に対してどのような声掛けをしているか、というのはお客さんの立場としても気になるところがあります。確かに美容師の世界と言うのは上下関係がはっきりしている、と言われていますから、先輩が後輩にかける事我づかいが多少きついものだったり、新人が先輩に注意されているような場面に出くわす事もあると思います。ですが美容室によっては、まったく美容師同士の上下関係を感じさせない美容室も有ります。それは新人が生意気だ、という事ではなくて、先輩が同年代であろうと新人であろうと分け隔てなく丁寧な言葉を使って話をしている様な美容室です。また先輩美容師が新人美容師を見守るまなざし、というのも気になる物です。「何をやってるんだよ」というような冷たい視線、というのは実は周囲の方がよく気が付くケースもあるんですね。逆にとてもあたたかく見守ってもらっているんだな、という事もその美容室の雰囲気で分かるものです。そしてそうやって新人を大切に育てようとしている事が感じられる美容室というのは必然的にお客さんに対しても雰囲気の良い美容室である可能性が高いでしょう。美容室の専売品と言うのは、確かに品質が良いように思いますし使ってみたい、と思うのは誰でも同じだと思うのですが、美容室で専売品を買い求める人が少ないのは、その価格に原因があると思われます。専売品と言われるだけあって、普段ドラッグストアで購入しているものとは値段が全く違います。自分のシャンプーのためにこんなにお金を出すわけにはいかない、と特に主婦の人なら思うのではないでしょうか。ですがプロが勧めるヘアケア剤と言うのは、確かに良いものが多いです。長期間使う物であれば、質の良いヘアケア剤を使用する事で、髪の健康を保つことができます。最近ではそういったプロが勧める専売品が、ネット通販などで、わりと求めやすい価格で出ている、というケースもあるようです。賢いやり方としては、とりあえず美容師にどのスタイリング剤を使うべきかという事をアドバイスしてもらい、もしもそれを気に入ったならば、名前を覚えて帰る、とか一度だけは美容室の価格で購入する、などしてみて、その製品名をネット検索して通販で扱われているか、価格の安いサイトがあるか、という事を調べてみるとよいでしょう。それでもプロの使うヘアケア剤は高い、と思うかもしれませんが、一度思いきって購入してみると、ボトルも大容量のものが多いですから、長い間使う事が出来るので、値段の事なんて忘れてしまう人もよくいるようです。青山 美容院

 

GINZA:ARK
http://ark-co.net/


ホーム RSS購読 サイトマップ