私だけが知っている

私だけが知っている

私だけが知っている

一目で美容室だと解らないような美容室を見つけた時には、人はちょっと得をしたような気持になるのではないでしょうか。そこに美容室が出来たのだ、と言う事をまだ誰も知らないのに、自分がまず発見したのだ!というような感覚になれると思うのです。これが一目で美容室だと解るように大きく店名が書かれていたり、しかもその店名がいかにも美容室だ、と言う感じの「サロン〇〇」とか「〇〇ヘアメイク」といった感じで表記されていたら、それは誰でも美容室がオープンしたのだ、という情報を瞬時に得る事ができます。ですが解り辛ければそれだけ少し自分で調べたりしない事にはそれが美容室だとは分かりません。ですからそれが美容室だ、と確信を持った時には誰かにその事を教えたくなるような感覚になると思われます。「キレイな建物があったから何かと思ったら美容室だったのよ」と言った具合です。これが明らかに美容室であればわざわざ自分から人に教えようとはあまり思わないかもしれません。誰もがもう知っている情報である可能性が高いからです。そんなちょっと知っているだけで自慢したくなるような美容室って、きっとそのお店の中も素敵なんだろうな、という想像を働かせることもできるのではないでしょうか。

 

カフェに似た感覚

 

一目で美容室だとは分からないような外観の美容室が増えてきているようですが、そういった外観が好まれるのはどこ「カフェ」が人気になったのと似ているように思うのです。最近はカフェでゆったりと過ごす、という時間の過ごし方をする人が増えてきていますよね。そういった人たちの感性はおそらく静かで、シンプルで、日常を忘れさせてくれるような場所なのではないでしょうか。ですから美容室に対してもそういう感じを求めているのかもしれません。個人で家を建てる時でも最近はナチュラルでシンプルな感じが好まれるようになってきています。パッと見が感じが生活感が無い様な外観ですね。美容室にも求めるものも同じで、明らかに美容室、というよりは、ひっそりと日常から少し離れている感じの雰囲気、というものが美容室のみならず、色々なところで求められているのだと思います。そういった外観にするには、当然ですがそこが美容室だとは分かりにくい、という美容室にとってはデメリットが伴うと思うのです。ですから単純に求められている外観にするだけでな無く、何気に「ここは美容室だ」と言う事が解るような仕掛けを作っておくことが必要となるでしょう。さりげなく立て看板にホームページのアドレスを書いておく、とか、お店の前にチラシを入れておく場所を作り、メニューやお店のQRコードを入れておく、といった仕掛けですね。

 

要チェック

 

高給与採用中!いますぐチェック!

美容師 求人 採用 高給与 柏駅

スタイリストが独立を狙うには

スタイリスト 武蔵浦和 独立 求人

ブランクがあっても大丈夫

スタイリスト 篠崎 ブランク 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ