優劣を感じてしまう

優劣を感じてしまう

優劣を感じてしまう

お客さんを放置してしまった時に一番やってはいけない事は、お客さんに「私よりもあの人のことを優先させるのか?」と思わせてしまう事なんですね。確かに美容室においては常連さんとかお得意さんとかというお客さんの序列の様なものはあるのかもしれませんが、それはお客さん本人に見せるべきことではないと思うんですよね。たとえばカットしかオーダーしていないお客さんよりもパーマやカラーなど単価の高いオーダーをしてくれたお客さんの方を優先させたりサービスを良くする、というのは本当はしてほしくない事です。ですが長時間かかるオーダーだからその間にドリンクを提供する、というぐらいの事ならお客さんも納得するでしょう。ですがそうではなくて明らかに自分の予約の方が先であったにもかかわらず、自分は放置されて、他の人の事を優先させている、と感じさせてしまうのは、大切な一人のお客さんを失ってしまう行為につながります。それでなくてもお客さんの方としたら「こんなに忙しい時にたかだたカットだけのために来店してしまって悪かったのかな」と引け目を感じる人もいるに違いありません。本当ならお金を支払ってまでそんな風に思わせる美容室の方に問題がある、と思うのですが。みな美容室へは居心地の良さを求めて来店していますからね。美容室で放置されているときに、どのスタッフも忙しそうにしていて、確かにこれなら放置されていても仕方がないな、と思うのであれば納得できますが、時には放置されているにもかかわらずスタッフ同士がおしゃべりをしているようなケースも有ります。こういう事があるとお客さんはとても腹が立つのではないでしょうか。確かにその二人は担当美容師ではないですし、時にはアシスタントだったりもしますから、その人の代わりにカットしてもらう事も不可能なケースも有りますが、それでも放置状態の時にスタッフが暇そうにしているのを目の当たりにするのは、気分の良い事ではありません。もしも何らかの事情で放置状態になっているお客さんがいたら、最低限自分たちも仕事をしている雰囲気でいてくれる事が大切ではないでしょうか。本来なら手が空いているのであれば、その放置されているお客様に対してなにかしてあげられることは無いか、と考えるのが正解だと思うんですよね。こういう事にかんしてはおそらく日頃のスタッフ教育がどうなっているか、という事に関わってくると思うんですね。「指示されていないから」と何もしないで立っていたり、スタッフ同士でしゃべっているなどは、少なくともやらないように指導をするべきでしょう。美容室 菊川 美容院 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ