ベテラン美容師を選ぶ理由

ベテラン美容師を選ぶ理由

ベテラン美容師を選ぶ理由

時には若いお客さんであってもかなりベテランの美容師を指名する人もいるものです。ある程度年齢を重ねている美容師であれば当然のことながらそれなりに経験を積んでいる美容師ですから技術には定評があるものと思われます。そういう美容師を指名すると言う事は、その技術を信頼して、という事になるでしょう。そしてそういうベテランの美容師を指名するのは、ヘアスタイルをきちんと決めたい、という思いが強いと言う事になるかもしれません。単純にその美容師と話をするのが楽しい、とか、ちょっとカッコよい美容師さんだからお近づきになりたい、といった事ではなく、本当にヘアスタイルの事を考えているのかもしれません。美容師と言うのはわりと一般的な会社員の皆さんと比べると若々しい外見の人が多いですよね。それは職業柄常にトレンドを意識している、という事があるかもしれませんし、清潔感やお客さんとに接する態度などから若さとキープしている事が感じられる人が多いものです。ですから若い人とでも話をする事も上手ですし、逆に人生の先輩として相談役になることも出来るかもしれません。つまり若いお客さんにとってはそてもよい相談相手だったりお兄さん、お姉さん、といった感覚になれる、という事もあるかもしれません。それでいて技術が確かなら言う事は無いですよね。

 

美容師の経験値

 

どんな職場でも同じかもしれませんが、長く働いている間に年齢を重ねればその職場でのポジションや責任の重さは変わってくるものですよね。美容室も同じでしょう。むしろ美容師のような技術職の場合には「経験」が働くうえでかなりのポイントとなってくる事は間違いないでしょう。経験を重ねている、という事は、大抵の場合そこそこの年齢に達している、という事でもあります。ですから美容師の良し悪しを判断する時には、手っ取り早く「若い美容師はまだ技術的には未熟であり、年齢を重ねている美容師は腕が良い」という判断をする事でしょう。もちろんそれは確かなことかもしれませんが、その「経験」というのは「何年美容師として働いていたか」というよりは「何人の人の髪をカットしたか」という事になるのではないでしょうか。たとえばあまりお客さんが来ない美容室では一日にカットするお客さんの人数は2、3人と言う事もあるかもしれません。ですがいつも予約がいっぱいの美容室であれば一日にカットするお客さんの人数はもっと多くなります。それだけ「カットの経験が多い」という事にはならないでしょうか。ですからどんな美容室でどんなお客さんを一日何人ぐらいカットしていたかという事が経験値を決定づけるのかもしれませんね。

 

スタイリストリクルート

 

月間新規700名の実績!
行徳駅 美容院 パート 求人
人間関係のストレスがありません。
上野 スタイリスト 独立 求人
将来独立したい方、大歓迎!
美容院 パート 求人 業務委託 町田


ホーム RSS購読 サイトマップ